今回は『レフ・ブロンド』をご紹介。

13世紀から醸造が始まったレフ修道院が送る、歴史ある一杯。

レシピは修道院。醸造を外部に委託することで世界中に広まっている。

洪水や火災、戦争など、幾多の破壊&再建を繰り返しながら、脈々と受け継がれてきた製法をもつレフ修道院。

そのなかでも、伝統的な製法を忠実に守るブロンドビールであり、大定番の一杯が今回の『レフ・ブロンド』。

アルコール度数は6,5%。

330mlでお値段397円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

今までのレフシリーズとは違い、ゴールドに輝く明るいビジュアル。

ややオレンジがかった見た目に、グラスの向こう側が少しボヤけるほどの濁り。

泡は目が細かくて濃密。グラスでしっかりと層を保っている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

リンゴ?みたいな香りがするぞ…

修道院ビール=干しブドウっぽい香り、と思ってただけにビックリ。

リンゴのような甘い香りと、ほんのりと酸味も鼻に届く。

甘くてフルーティーな香りが今までの修道院ビールとは一線を引く印象。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ……フルーツの濃厚な甘みが素晴らしい…

香りで感じていたリンゴのような甘み。

そして修道院ビールらしい、熟成感満載の果実の酸味。

最後には桃?オレンジ?のような味わいがスーッと引いていく感覚。

全体的に濃厚で、でもフルーティーだから飲みやすくて。そんな不思議な一杯。

イメージ的には(リンク)シメイ・ゴールドに似た味わい。

両方ともシリーズのなかではフルーティーで飲みやすい部類。

濃厚でフルーティーな甘み、アクセントとなる酸味が楽しめる『レフ・ブロンド』。

 

 

ぬま

過去に紹介したレフシリーズも載せておくで

(リンク)レフ・ラデュース

 

(リンク)レフ・ブラウン