今回は『アンカー・スチーム』をご紹介。

アメリカ地ビールの原点とも言われるこの商品。

以前紹介した…

アンカーリバティーエールと同じブルワリー。

今回の『スチーム』はアンカー社の主力商品ってことで期待が高まる。

1960年代当時、主流だった大量生産ビールとは異なるビールをリリース。

そこから一大ブームを巻き起こすキッカケとなった一杯。

ラガーの爽やかなキレとエールの香り豊かさの両方の魅力を持ち合わせる。

アルコール度数は4.9%。

330mlでお値段432円(税込)。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

綺麗で濁りの少ない琥珀色。

泡は濃密できめ細やか。グラスにしっかりと厚みを残しているのがGOOD!

そんでもって香りを確認。

ぬま

麦芽を焦がしたような…焦がしキャラメルっぽい香りがするぞ

焦がしキャラメルのようないぶし銀な香り。

ただ、そのなかにもエールのような華やかさも感じられる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

キャラメルっぽい甘さとエールの華やかな香りがバランス良いな

口に含めると広がるキャラメルの甘さ。

そして、後からエール特有のフルーティーで華やかな香りがスッと抜けていく。

このバランスが丁度良い。全体的に落ち着いた味わい。

飲み進めていくと、ホップの苦みがボディブローのように効いてくる演出もGOOD。

全体的に落ち着いてシンプルな味わいながら、要所で素材の味がしっかりと楽しめるビール。

さすがアメリカ地ビールの原点と呼ばれる一杯。

これは見かけた際には是非とも飲んでほしい。