今回は『レフ・ラデュース』をご紹介。

ベルギーの「レフ修道院」がレシピを造る、いわゆる「修道院ビール」。

現在は生産を外部の醸造所に委託してるんだけど、まあ何といってもハイレベルな味わいが揃う修道院ビールを頂けるってことでテンションが上がっております。

以前レフシリーズを紹介したのも載せとく。

レフ・ブラウン

ぬま

見た目とは裏腹にフルーティーな味わいだったな…

今回の「ラデュース」はフルーティー&スパイシーな香りが楽しめるんだとか。

 

アルコール度数は8%。

お値段は451円。

ってことでグラスへ注いでいく。

赤みがかったブラウン。いかにも修道院ビールですよ!って感じの見た目。

濁りはほとんど無いけど、色が濃いからグラスの向こう側は見えず。

泡は細やか。そして2~3分ほど持続する。

そんでもって香りを確認。

ぬま

んん?スパイシーな香りのなかに、どことなくフルーティーさを感じるぞ……

恐らくコリアンダーシードのスパイス感が香ってるんだと思う。

そして、その中からバナナっぽいフルーティーな香りを感じる。

このスパイシー&フルーティー、今までの修道院ビールには無い香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ?おぉ!?次から次へとテイストが変化するぞ!!

飲んだ瞬間、1番に感じたのはバナナのような果実の甘い味わい。

そして、その後すぐに訪れたのがスパイシーさ。

しかもスパイス感が尻上がりに刺激を強めていく。

メインディッシュのスパイシー感を堪能した後、最後のデザートとして熟成感ある干しブドウの酸味がサーっと去っていく。

これがテンポ良く変化していく。

うん。素晴らしく美味しいでございます。

どれもハイレベルな味わい。そしてテンポが良くて飽きさせない変化の数々。

特にコリアンダーシードが良い仕事をしてる印象。

スパイシーな修道院ビール。是非とも飲んでみてくれ。