千葉県民のみんな。お待たせ。

今回は千葉県の地ビール『九十九里オーシャンビール IPA』をご紹介。

当ブログでも

『九十九里オーシャンビール ヴァイツェン』や

『九十九里オーシャンビール ピルスナー』など色んなスタイルを紹介してる。

今回はそれのIPAスタイル。

ラベルに描かれたお馴染みのシャチはIPA版では見られず。

カッコ良い系のデザインになってる。

原料を調べてみると、シムコネルソンソーヴィンっていうホップを使用。

※シムコ…パッションフルーツやパイナップルに似た香り。IPAやペールエールに多く使用されてる。

※ネルソンソーヴィン…白ブドウのような香り。

ネルソンは

ヱビス with ジョエル・ロブション 格別の乾杯とか

ザ・プレミアムモルツ-スパークリングゴールド-にも使用されてる高級感を醸し出すホップ。

千葉県が地元である俺氏にとって九十九里オーシャンビールは特別な存在。

しかも大好きなIPAスタイルってことで心して飲む。

 

オレンジと黄が混ざったような色合い。

泡は立つものの2分ほどで消えていく。

グラスに鼻を近づけると白ブドウのような落ち着いた香りが確認できる。

IPAスタイルだから、もっと「ガツン!」とホップの香りがあるかと思ったけど、オーシャンビールに関しては落ち着いた造り。

優しい味わいかな?なんてイメージしながら飲んでみると全 然 違 か っ た !

ホップの苦みがこれでもか!ってくらいガツン!ガツン!と訴えてくる。

パッションフルーツのようなフルーティー感はあるんだけど、主役は苦み。

これぞIPA!って感じでホップの苦みがスゴイ。

苦みを敬遠する人にはちょいと手を出しにくい味だけど、ホップ中毒には是非オススメしたい一品。

この苦みを九十九里の潮風に吹かれながら……。最高だな。