日本のプレミアムビールの先駆けとなったプレミアムモルツ。

俺氏も2年前はひたすらプレモル飲んでたし、プレモルの黒ビールも「香るエール」も安定感ある味わいでメッチャ大好き。

そんなプレモルから「スパークリング・ゴールド」なる新たな味が登場(と言っても出たのは数年前)

20~30代をターゲットにプレミアムビールの魅力を体感したほしいってことで造られた一杯。

シャンパーニュ地方で作られた麦芽と白ワインのような爽やかな香りが特徴の「ハラタウブランホップ」を使っているのが特徴。

そんでもって気になるのがデザイン。

このキラキラした感じ。もういかにもパリピみたいな雰囲気が出てる。

ぬま

俺氏、パリピとか苦手なんですけど…。なんでこんな派手なデザインにするの(困惑)

パリピな人を見ると「ヒェッ」ってなっちゃう俺氏が勇気を振り絞ってコンビニで購入。

「こいつビール買うだけでどんだけキョドってんだよ」なんて店員に苦笑されながらやっとの思いで買えたビール。

胸の鼓動(単なるテンパリ)を感じながらグラスに注いでみる。

 

色は普通のプレモルと変わらず。綺麗な黄金色。

泡は粗め(泡の立ちやすいグラスだから泡立ってるけど泡自体は大粒)。

香りは記載の通り確かに白ワインのような爽やかな香りがする。

目を閉じたらビールだって感じがあまりしない。

どんな味わいなんだろう?なんて思いながら口に含めると…

確かにフルーティーな味わい!

普通のプレモルとは全く異なる飲み口&口のなかで広がる味わい。

白ブドウ?のような香りが口のなかでふわっと広がって、静かにサーっと鼻から抜けていく。

大手メーカーが色んなプレミアムビール出してるけど、それらとは全く異なる造りになってる。

苦みをほとんど感じない。あるのは白ブドウの優しい&フルーティーな香りと、少しだけ感じる甘みだけ。

パリピとか言ってごめん。この上品な味わい……お嬢様だったよアンタは。

確かに20代の女の子の家に上がるときにコレ手土産に持っていったら喜ばれそう。デザインもお洒落だし味わいも普段のビールとは違う味わいだし。

ただ1点大きな問題が!コレ持ってあがれる女子がいない!以上!