※ 千葉県民の皆さん、地元のビールなんで有無を言わず飲んでください。

※2 そして全国のビールLOVEな皆さん、これ美味しいんで有無を言わず飲んでください。

ってことで今回紹介するのは千葉県九十九里で造られる『九十九里オーシャンビール-ヴァイツェン-』

寒菊銘醸(かんきくめいじょう)っていう会社で造られてる地元千葉県民なら知らない人はいない(知らないとは言わせない)ビール。

九十九里ビールはIPAとかスタウトとか色んなスタイルが販売されてるんだけど、最近お気に入りのヴァイツェンをチョイス。

九十九里ビールは職人がドイツで製法の研究をしてたらしく(他にもフランス・イギリスも)、それが関係してか、原材料も麦芽・ホップ・水・酵母だけを原料にしている。

※ドイツビールには「ビール純粋令」ってのがあって麦芽・ホップ・水・酵母だけしか使用を認められてないのよ

生まれも育ちも千葉県の俺氏、地元のビールに興奮しながらグラスに注いでみる。

ヴァイツェンって少し濁りある黄金色ってのが一般的だけど、これに関しては濁り控えめ。

ピルスナーみたいな一般的なビールと似た透明感のある色合いが特徴。

そんで驚いたのが甘い香り。

ヴァイツェンはもともとバナナみたいなテイストが一般的なんだけど、このビールはより甘い香りがドン!と主張してくる。

飲み口もまろやかでアッサリした味わいなんだけど、後からくるバナナの香りや甘みが優しくふわっと口のなかで広がる。

全体的に優しい造りになってるかな?って印象。

ヴァイツェンって口のなかで広がるバナナ香を楽しむためのスタイルだと思ってるけど、九十九里オーシャンビールはそれを十分堪能できる。

一口づつ、じっくり味わうも良し。

ゴクゴク飲んで後からくる香りの広がりを、より強く堪能するも良し。

苦味もなく炭酸も控えめだし、ビール初心者でも手を伸ばしやすい味わいかな?

九十九里方面に行けば割と置いてる店が多いらしいから、そっち方面に遊びに行ったときには是非飲んでみてくれ!

 


九十九里オーシャンビール バイツェン 瓶 330ML 1本