今回は『ヱビス・雫』をご紹介。

先日販売されたばかりのヱビス フレンチピルス

に続き限定販売のヱビスが登場。

今回の雫では穀皮分離製法というものを採用。これにより雑味成分が軽減され渋みのバランス調整が可能に。

凛とした味わいと飲み心地に磨きをかけてきたとのこと。

ラベルは白銀の世界をイメージしたような冬にピッタリのデザイン。

渋みの調整をしたらしいけど、どんな味わいになってるんだろうか。

アルコール度数は6%。

350mlでお値段261円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

スポンサーリンク

ヱビスらしい少し濃いめの黄金色。

クリアでグラスの向こう側がハッキリ見えるほど。

目が細やかでモッチリ。でも軽やかな泡。

持続はまあまあで3分くらいは層を保ってる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ…澄み切った甘い香りがするな…… 

なんという透明感だろう。

クリアで澄み切った麦芽の香りが漂ってくる。

上品でまろやか。ビールらしい苦みは一切感じず。優しい香りがふんわり包み込むように上がってくる。

飲まなくてもわかる。こりゃ絶対に旨いな。

そのままグラスを傾けていく。

ぬま

まろやかで上品な甘み。後からキレのある渋みも広がってくるな

飲み口はまろやか。そして上品で優しい甘みがいっぱいに広がる。

この濃厚な甘み。普通のヱビスに似た感覚なんだけど、今回の『雫』は、また一味違う。

後から渋みがジーンと染み渡ってくるのよ。

まるで潮が引いていくかのように、次第に姿を消していく。

この渋い感覚が今までのヱビスにはなく新鮮。

甘みだけでなく「渋み」も楽しめる新感覚ヱビス。是非ともお買い求めいただきたい。