今回は『ヱビス with ジョエル・ロブション -フレンチピルス-』をご紹介。

日本のプレミアムビールことヱビスとフレンチの巨匠ロブションがタッグを組んだ新感覚のピルスナー。

毎年この時期になると出てくるヱビス×ロブションのコラボビール。

シャンパーニュ産の淡色麦芽とネルソンソーヴィンっていうホップを使ったフルーティで繊細な味わいが楽しめる模様。

ネルソンソーヴィンっていうと白ブドウの香りが楽しめるんだけど、それでいてピルスナーのような感覚が味わえるのか。こりゃ新鮮だな。

パッケージも白と金が散りばめられた豪華なデザイン。

アルコール度数は5.5%。

350mlでお値段266円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

綺麗だ…。なんて綺麗なんだ……。

ヱビス×ロブションってだけでこんなにも神々しくなるのか。

グラスの向こう側がハッキリ見えるほどにクリア。

泡は目が粗くて軽やかなんだけど持続はまあまあ。

2~3分くらいは層を保ってる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

白ブドウと柑橘系の香りが凄いな…… 

まず最初に上がってくるのが白ブドウのフルーティな香り。

これは「ネルソンソーヴィン」ってホップだろう。

加えて柑橘系のフルーティさも感じられて、全体的に華やか。

どことなくシャンパンのような雰囲気を感じる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

白ブドウのフルーティな香りと果実の甘みが……濃厚だな…… 

奥ゆかしい。なんて奥ゆかしいんだ。

スポンサーリンク

口に含めた途端に広がる白ブドウのフルーティな香り。

加えて酸味も感じられる。

更には麦芽の甘みも広がるもんだから1口で色んな味わいが出てくる。

濃厚。しかも味に奥深さもある。

淡いビジュアルながら、しっかりとした味わい楽しめる一杯。