今回は『ストロング サフォーク ダークエール』をご紹介。

西友で割と見かけるビールなんだけど、このビールを造っているグリーンキングは1799年から存在するメッチャ歴史ある工場らしい。

このシリーズは過去に…

グリーンキング ダブルホップモンスター

でも紹介してて、洋梨の香りとIPAらしい苦みが美味しかったのを覚えてる。

今回はダークエールってことで黒ビールなのかな?って予想するけど、とりあえずグラスへ注いでみることに。

1799年から造られている王冠のデザインと

ダークエールの名前にピッタリの紫牛がトレードマーク。

栓にも1799&王冠のロゴ。

 

 

画像だと真っ黒に見えるけど、上から見ると濃い赤ワインのような色合いで若干透けている。

泡は立つけど目は粗め。1分ほどで消える。

グラスに鼻を近づけてみるとレーズンのような香りがする。

イメージ的にはベルギーの修道院で造られているビールに似た香りを感じる。

※修道院で造られているビール

レフ・ブラウン

シメイ・レッド

 

牛のデザインとは対照的に落ち着いた香りが楽しめる。

購入した時は

ぬま

黒ビール特有の苦みが強烈に味わえるのかな?

なんて思ってたけど飲んでみてビックリ。

ぬま

次から次へとやってくる味・香り。一口で色んな楽しみがあるぞ!

味わいも修道院ビールそのもの。色んな味・香りがやってきて何とも深いものを感じる。

 

①レーズンの優しい甘さ
②干しブドウのような味わい
③スーッと抜けていく酸味のようなもの

俺の舌じゃコレが限界だけど、たぶん他にも言葉で表現できないものを感じる。

修道院ビールって最低でも400円以上するけど、300円でこれだけのレベルを味わえるのにビックリ。

決して冷やし過ぎず、12~15度くらいの温度でゆっくり楽しんでほしい。