今回は『プリムス』ってピルスナースタイルのビールをご紹介。

プリムスはベルギーで造られるビール。

ベルギーって色んなスタイルが揃ってるけど、やっぱり1番浸透してるのはピルスナーなんだとか。ここら辺は日本と変わらず。

「プリムス」って名前は、1200年代にプリムスっていうビールLOVEでスゲー権力を持った貴族が「ビール好きの王様」って言われてたことから彼の名前を付けたんだとか。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

 

淡くて濁りのない透き通った色合い。

ピルスナーにしては泡は細かくて持ちも良い。3分はしっかりとグラスに残っていた。

ってことで香りを確認。

ぬま

ライトビールのような……でも甘い香りもするぞ

青島(ちんたお)ビール

みたいなライトビールに見られるレモン汁を絞ったような香り。それに加えて感じる甘い香り。

ぬま

そこらへんのラガーとは違う奥深さがあるな

レモン汁の爽やかさだけじゃなく、甘い香りが上品さを演出しててGOOD!

この奥深さに魅了されながら口に含めてみると…

ぬま

麦芽の甘みが…麦芽の甘みが……ウマァーーーー!!

口に含めると甘みがしっかりと広がる。でもしつこくない。

この上品な甘みが最&高。

さらには苦みも控えめだからメッチャ飲みやすい。

ビール初心者とか苦みが苦手な人はピッタリ合うと思う。

しっかりとした甘みが感じられるピルスナーって個人的に大好きなんだけど、この「プリムス」もドンピシャ。

飲みやすいけど上品な味わい。是非とも皆も味わってほしい。