今回は日本でも馴染みある『ブルームーン』をご紹介。

アメリカのコロラド州で生まれたベルギースタイルのホワイトビール。

販売は1995年~と、世界的にも有名なビールにしては若め。

名前の通り青い月がデザインされている。

原材料に小麦とオーツ麦を加えてて、これが滑らかでクリーミーな後味を引き出しているんだとか。

栓にも「BLUE MOON」の文字。とにかくブルームーン攻め。

ってことでグラスへ注いでいく。

 

濁りがしっかりとあり、グラスの向こう側が全く見えないほど。

色もオレンジが若干入った色合い。

この無濾過な感じが「早く飲みてぇー」って思わせてくれる。

ってことで香りを確認。

ぬま

香辛料っぽいピリッとしたものを感じるぞ!

フルーティーな香りがありながらも、コリアンダーのピリッとした香辛料が顔を覗かせる。

このツンデレ感がブルームーンの良いところ。

そのまま口に含んでいくと…

ぬま

なんともクリーミーな口当たり!ん?でもピリッとしたスパイスも後から感じるぞ

クリーミーな口当たり&フレッシュな香りが広がるんだけど、後味のピリッとした酸味が良いアクセントになってる。

更には、酸味が余韻としてジワ~~っと残る感覚。

一口ずつじっくり時間をかけて飲むとブルームーンの美味しさをフルに堪能できる。

フルーティーでフレッシュでクリーミー。だけどピリッとした刺激も味わえる。

さすがアメリカでメッチャ人気のビール。

是非とも皆も飲んでみてほしい。