今回は『カールズバーグ』をご紹介。

カールズバーグは1874年にデンマークで始まった歴史あるビール。

デンマーク王室の御用達らしく、ラベルに描かれた王冠がその証なんだとか。

そしてカールズバーグの特徴が製法。

ビール製造段階の1つ、麦芽の酵素により糖に分解する工程では

◆デコクション製法…コクとまろやかさが出る
◆インヒュージョン製法…すっきりキレの味わいになる

この2つの製法がある。

日本のビールは大抵前者なんだけど、カールズバーグではインヒュージョン製法を採用。

これによって仕込みに熱負荷をかけず、すっきりキレのある味わいを実現してるんだとか。

○○御用達って言葉に弱い俺氏。

早速グラスへ注いでいく。

 

淡くて透き通った綺麗な黄金色。

グラスへ注ぐと大きな泡がふわっと立っていき、炭酸のようにシュワシュワと消えていく。

香りを確認すると…

ぬま

んん?フルーティーで爽やかな…でも甘い香りもするぞ

アロマホップを使ってるってことで、フルーティーな香りとバナナ?のような甘い香りがする。

心地よいアロマホップを堪能しながら喉へ流し込んでみると…

ぬま

シュッ!とキレのある味わい!!でも甘みもしっかり感じるぞ!うっ美味い!!

苦みが刹那のようにスパっ!っと感じるんだけど、後から麦芽の甘みが感じられてメチャクチャ美味しい。

キレのある飲み口。でも麦芽の甘みがマイルドさを演出してて飲みやすい。

さすがデンマーク御用達なだけある。しっかりと抽出された甘みが味わいに奥深さを与えている。

クリーンな苦みとマイルドな甘み。この奥深い味わいを是非みんなも味わってほしい。