今回は『オリオン・ドラフトエクストラ』をご紹介。

沖縄を代表するオリオンビールから、創立60周年を記念して2017年に作られた商品。

それが結構な好評だったらしく、2018年も9月4日から数量限定で発売に至ったのだ。

ぬま

9月4日に数量限定販売…今はもう無くなってるかもな

当ブログ、計画性がなくて大変申し訳ないが、とりあえずレビューしていくことに。

ぬま

まぁ2019年も販売されんだろ?大丈夫よ

そんな楽観的な感じで、早速レビューへ移る。

みんな大好き(リンク)オリオンビールの技術を応用した爽快感は継承しつつ、サトウキビから精製したキビ糖を使うことで、高発酵醸造を実現。

さらに爽快な飲みごたえ&キレを感じられる造りに。

アルコール度数は5,5%。

350mlで188円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見た目は普通のオリオンビールとそこまで変わらず。

クリアで少し黄色がかった黄金色。

泡は粗めで1分ほどで消える。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!?オレンジみたいな甘い&フルーティーな香りだぞ!?

もう少しシュッとした香りかな?なんてイメージしてたけど、予想に反して甘くてフルーティーな香り。

缶のラベルに「超爽快なキレ」って書いてあるもんだから、もう苦みが薫ってくるかな?なんて思ってただけにビックリ。

はてはて。味わいはどんなもんだろうか。

そのまま飲んでみると…

ぬま

キレっキレやん。甘い香りどこいったん?

甘い&フルーティーな香りとは対照的に、キレのある苦み。

甘みを抑え、シュッとした苦みが口のなかで訪れる。

でも嫌味もなく、すぐに引いていくから苦いんだけど飲みやすい造り。

ぬま

しつこくないからエエな!

風呂上がりに飲むと一層美味しく、かつゴクゴクとイケそうな一杯。