今回は『OKINAWA SANGO BEER IPA』をご紹介。

造っているのは沖縄にある「南都酒造所」。ってところ

名水100選にも選ばれた「垣花桶川」が流れる南城市に拠点を構えてるブルワリー。

敷地内にはサンゴ礁から生まれた「玉泉洞」っていう鍾乳洞があるらしい。

ここの特徴は、玉泉洞の地下からくみ上げた、カルシウム&ミネラルが豊富に含まれた水を使ってる点にある。

ぬま

美味しい水で造るビールってメッチャ良質な味わいだからな。期待大やで。

ビール造りに大切な水にこだわって造っているOKINAWA SANGO BEER。

 

アルコール度数は5%。

お値段は499円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

IPAではちょい濃い目の赤茶っぽい色合い。

無濾過ってことで濁りもあるからグラスの向こう側は全く見えない。

泡は細やかで濃厚。いつまでも分厚い泡の層を保ってくれる。

そのまま香りを確認。

ぬま

んん??IPAらしい香りはほとんど感じないぞ……

てっきりホップの香りガン!ってのを想像してたんだけど意外にも大人しめ。

柑橘系のフルーティーな香りがあるんだけど、グラスをしっかり近づけないと感じないほど。

予想とは違うテイスト。けど、これは抜群な味わいへの序章か?

期待しながら飲んでみると…

ぬま

あぁ……やっぱ超絶旨いやん……

うん。メッチャ美味しいです。

口に含めた瞬間、一気に広がるホップの苦み。その後グレープフルーツのような香りが鼻から抜けていく感覚。

しかも余韻として柔らかな苦みがジ~んと残っててGOOD!

更に凄いのは、めっちゃサラサラしてること。

水が良いのか、飲み口&のど越しがライトで飲みやすいのよ。

IPAらしい苦みが存分に楽しめる。なのにサラサラしてて飲みやすい。

なんとも不思議な感覚。けどメッチャ美味しいから取りあえずIPA好きは手に取っておくべき一杯。