今回は『キャスティール・バリスタ チョコレート』をご紹介。

ベルギーの「ヴァン・ホンスブルック醸造所」で造られる一杯。

昔に建てられた城を醸造所のオーナーが購入。その城のなかにある広大な貯蔵室で、造ったビールを熟成されているんだとか。

そのビールを「シャトゥーキャッスル」と名付けているらしい。

ぬま

それが今では「キャスティール」に変わってるで!

チョコレートやエキスを使わずにチョコ風味を出す製法を使っていて、アルコール度数はなんと11%。

ぬま

チョコ風味なのにアルコール度数11%って…。まろやかなのか刺激が強いのか……

味の予想が全くつかず。

更に言うとバリスタ(コーヒー)なのかチョコレートなのか。

軽く迷子になりそうな表記。

アルコール度数は11%。

330mlで580円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

チョコレートのようにダークな色合い。

泡は目が結構粗くて、高いところからグラスへ注いだにも関わらず、1~2分ほどで消えるほど。

そんでもって香りを確認。

ぬま

めっちゃチョコレートの香り…スゲエ…

甘めのチョコを溶かしたような香り。

ほんのりと優しく漂う甘みが「これ本当にビールなの?」と疑うほど。

そのまま飲んでみると…

ぬま

うお…甘い…甘いビールだ…

甘い…とにかく甘い……。

過去に…

サンクトガーレン・スイートバニラスタウト

 

常陸野ネストビール -スイートスタウト-

チョコビールを紹介したけど、それを遥かに凌ぐチョコの甘さ。

苦みはなく、アルコール度数11%の濃厚かつ熟成感ある味わいも感じられる。

ぬま

1口づつ飲んで、チョコの甘さと熟成された酸味を楽しんでほしいな

グビグビ飲む感じではなく、じっくりと少量づつ楽しんでほしい。