今回は『ドレハー -dreher-』をご紹介。

世界を代表するビール会社ハイネケン・イタリアより販売されている商品。

創業は1773年と、イタリアに現存する醸造所で最古らしく、少し前に前述のハイネケングループの一員に加わったんだとか。

ドレハーは北イタリアアルプスの雪解け水を使用しているとのこと。

ぬま

さすがイタリア。雪解け水でビールを造るとはお洒落だな←あんまり思ってない

ただ、硬水を使うとドライでシャープな味わいになるから、その点が気になるところ。

アルコール度数は4,7%。

330mlでお値段313円(税込)。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

見た目は綺麗な黄金色。少し淡い色合いかな?って印象。

濁りはなくクリアで、イメージ的には「ハイネケン」とか「バドワイザー」に似たビジュアル。

泡は目が細かくて軽やか。持ちは1~2分ほどで、そこまでの持続性はない。

そんでもって香りを確認。

ぬま

ウヒョーー!軽やかそうな香りぃーー!!

サッパリとした香りに、ほんのりレモン汁が漂う。

それ以外に確認できるものは無く、香りとしてはシンプル。

嗅いだそばから軽やかそうな雰囲気がプンプンする。

そのまま飲んでみると…

ぬま

思った以上に濃厚!だけどゴクゴク飲みやすいぞ!

もっとサラサラした飲み口かと思いきや、まろやかで驚き。

更には麦芽の甘みをしっかりと感じる。

それだけまろやか&濃厚な味わいなのに、ゴクゴクと飲み進められるドリンカビリティ。

雑味がなく、嫌な苦みも無い。

アルプス山麓の雪解け水を使ってるってことで、濃厚かつ飲みやすいのは水のお陰かな!?という印象。

「ハイネケン」「バドワイザー」みたいな飲みやすさを備えつつ、まろやか&濃厚さを兼ね備えたハイレベルな一杯。

ぬま

なかなか美味やで!