今回は『TOKYO CRAFT〈東京クラフト〉IPA』をご紹介。

サントリーから9月4日に発売された季節限定の商品。

昨年も9月に発売されたんだけど、再販売を求める声が多かったってことで今年も登場の人気ビール。

ぬま

去年飲んだけど、確かにメッチャ旨かったな!IPAファンには堪らん味わいだったわ

今年はホップの配合、使用量を見直すことでIPA最大の魅力である苦味が、より良質になったんだとか。

ぬま

ひょえ…あれだけメチャ旨な苦味が更にパワーUPだと…

期待が高まるでごわす。

アルコール度数6,5%。

350mlでお値段219円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

IPAらしいオレンジ色っぽいビジュアル。

泡は濃密でグラスの上でしっかりと存在感を表している。

そして何よりも驚いたのが香り。

プルタブを開けた途端、柑橘系の香りがぶわっと鼻に届いたのさ。

さすがIPA。この爽やかな香りを改めて確認するためグラスに近づけてみると…

ぬま

うほーーー!これだよコレ!

柑橘系のフルーティーな香りがブワッ!っと鼻を刺激する。まじで強烈。

泡で若干和らいでいる感もあるけど、ホップの香りがちゃんと漂ってくる。これぞIPA!って感じ。

そのまま飲んでみると…

ぬま

あぁ……苦みが口に残って……メッチャ旨い…

IPAファンにはたまらぬ苦み。

口に含めた途端に広がっていくシトラスの香り。

そしてズシッ!っと訴えてくるホップの強烈な苦み。

その後には苦みが余韻としてジーンと残る感覚。

飲み進めていくたびに強まっていくホップの苦み。まさに尻上がり。

どれも素晴らしい。これが200円ちょいで味わえる事実にビックリ。

ぬま

これ通年販売にしてくれんかな?

強くそう思わせる一杯。