今回は『TOKYO BLUES ゴールデンエール』をご紹介。

当ブログでは第3弾となるTOKYO BLUES。

実はこのシリーズ、第1弾となるTOKYO BLUES シングルホップウィートを飲んで以来、一気にファンになってしまったのだ。

ぬま

普段はネット購入しない派なんだけど、速攻でアマゾンしたわ

「とにかく買わなくちゃ!」と飛び起きるほどの衝撃に駆られるクオリティ。

 

今回は飲みやすさと特徴的な薫りが両立する「ゴールデンエール」っていうスタイル。

果たしてTOKYO BLUESはグラスの中で何を表現してくれるのか。

アルコール度数は5,5%。

330mlでお値段504円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

黄土色っぽいビジュアルで色が濃いせいか、グラスの向こう側は全く見えない。

濁りも若干ある。

そして泡。注ぐと盛り上がるように膨れていく。

その後もしばらくはグラスにへばりつく感じアリ、濃密&濃厚さが伺える。

そんでもって香りを確認。

ぬま

フローラルな香りやん…。すんごい華やか…

鼻を近づけると漂ってくる豊かで落ち着いたアロマ。

まるでお花畑のなかにいるような、華やかでエレガントな香りが心地よい。

更には、少し甘い香りも確認できて、一言でいうとエレガント。ダークなラベルとは対照的に乙女な印象を受ける。

そのまま飲んでみると…

スポンサーリンク

ぬま

あぁ……甘くてホッピー……

うん。素晴らしい。凄いよTOKYO BLUES。

口に含めると麦芽かな?甘い味わいがじんわり優しく穏やかに広がっていく。

「あぁ…甘い…」なんて感動していると、お次にやってくるのはホップの華やかな香り。

少し苦みを含んだホッピーなアロマが、甘い味わいにアクセントを与えてくれる。

鼻をフッと抜けるホップが何とも良い仕事をしている。

舌触りはサラッとしているからゴクゴクと飲み進められる一杯。

少し前に初めてTOKYO BLUESを飲んでから一気に注目度の上がったシリーズ。

今回の『ゴールデンエール』も期待を裏切らない素晴らしい味わい。