皆さんヤッホーブルーイングのビールを紹介する時間ですよー!

ってことで今回は『東京ブラック』をレビュー。

この東京ブラックを造るのは前述のヤッホーブルーイング社。

僕ビール君ビール ミッドナイト星人

インドの青鬼

他にも「よなよなエール」や「水曜日のねこ」などなど、個性あふれるクラフトビールを造り続けている俺氏もメチャクソに大好きな会社なわけでございます。

今ではコンビニとかスーパー、どこにでも置いてあるヤッホー社のビール。

日本のクラフトビール人気に拍車をかけてるのはヤッホーさんのお陰なんじゃね?なんて日頃思っておりまする。

前置きが長くなったけど、東京ブラックのレビューに戻る。

スタイル(種類)はポーター

ローストされた麦芽の黒い色合いと、ココアのような香りが特徴のビール。

黒ビール=苦い

ってイメージがあるけど、このビールに関しては穏やかな味わいになっているんだとか。

早速グラスに注いでみることに。

 

真っ黒な色合いで泡も茶色い。きめ細やかな泡で持ちも良い。

ポータースタイルはエール(上面発酵)に属する。それもあり、黒ビールらしからぬ爽やかな香りが感じられる。

麦芽を焦がしたような香りに加え、キャラメルのような甘い香りも感じられる。

一般的な黒ビールってもう少しズシっとした苦めの香りがするんだけど、東京ブラックに関してはかなり甘くて軽やか。

飲んでみると…

ぬま

ああぁぁーーー。うんまい。本当にうんまい………(語彙力)。

焦がしキャラメルのような甘みをしっかりと感じることができる。

それに加えて飲み口が軽くてマイルド。黒ビールのなかでもかなり飲みやすい部類だと思う。

そんでもってローストされた麦芽のような香りが口で広がり、鼻へ抜けていく。

苦みは最後の方にシュッと感じる程度。

黒くて力強い見た目ながら甘いというギャップ。

最後の方に感じる苦み。

そんでもってモルトされた麦芽の香り。

一口で色んな楽しみが訪れる造り。

これがコンビニとかスーパーで手軽に手に入るご時世だと思うとマジで素晴らしいよな。ヤッホーブルーイングには感謝。