いまやコンビニ&スーパーでほぼ必ず見かけるヤッホーブルーイングのビール。

ペールエールにホワイトビール、ポーターetc.色んなスタイルを高レベルで出してる僕が大好きなブルワリーなんだけど、今回はそのなかでも最近1番ハマっているIPAスタイルを紹介する(テンション高めでお届けしております)

その名も「インドの青鬼」!

そもそもIPAとは…

アルコール:高め
ホップ:ドッサドッサ大量投入
味:苦味が最&高

フルーティーな香り&強い苦味が特徴のスタイル。

なんで、キンキンに冷やしてゴクゴク…って飲み方に慣れ親しんでいる日本人には馴染みがない。

ホップの香りとか苦味をしっかり感じるために、温度も13℃くらいがオススメ(個人的にはもっとぬるくてもOK)。

 

生産地 日本(長野)
原材料 麦芽、ホップ
アルコール度数 7%
内容量 350ml
値段 267円
購入した場所 ファミリーマート

 

グラスに注いでるその瞬間からホップの香りがぶわーーって鼻を抜けていく。

ぬま

この香りだけでも……幸せ……

「ビールの香りを楽しむ」ってのを知ったのもIPAがキッカケ。インドの青鬼もかなり良質なアロマなわけよ。

ゆっくりと鼻で堪能した後、一口含めると…

ぬま

メッチャ苦い。でも後から甘みが出てくる不思議…

コンビニに売ってるようなビールしか飲んだことない人だったらメチャクチャ驚くほどに苦い。

ただ、これこそがIPAの楽しみ方。

1口づつ含み、苦味を感じながら舌で喉へゆっくり流していく。

読書中のゆったりとした時間のなかで飲むとマジで最&高。

ぬま

人によっては「ムリ!」ってなるかも。ただ、ビールの世界を広げるためには必ず飲んでほしい一杯

僕も初めて飲んだ時は「これ…全部飲みきれないくらい美味しくない…」

なんて思ったけど、今ではIPA然りインドの青鬼の虜。

あなたとビール中毒の懸け橋になってくれること間違いなし。それくらい強烈な味。

購入しやすいし、値段も300円弱と入手しやすいので、新たなるビールの世界を覗きたいなら是非とも飲んでくださいな!