今回は『TOKYO隅田川ブルーイング -ペールエール-』をご紹介。

1994年に東京第1号として誕生した「TOKYO隅田川ブルーイング」から発売となった商品。

開発を隅田川ブルーイングが行い、製造はアサヒビール(名古屋工場)が。

今回のビール、実は2商品が11月6日に同時販売となってて、もう片方の『ゴールデンエール』は今年の7月にも紹介したのよ。

隅田川ブルーイング -ゴールデンエール-

こっちは何故か6月あたりにも期間限定的な感じで販売されてたんだけど、あまり期間を開けずに再販スタート。

ってことで飲んでなかったペールエールを頂く。

原材料となるホップは200年以上の歴史を持つ「ケント・ゴールディング」なるもの。

程よい苦みとホップの香りのアクセントが特徴なんだとか。

アルコール度数は5.5%。

350mlでお値段246円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

琥珀色でグラスを綺麗に映えさせてくれるビジュアル。

濁りはなくクリア。

泡は目が粗めで注いでいくうちに、こんもりと盛り上がるようなタイプ。

そんでもって香りを確認。

ぬま

ほほう…。香りはそこまで感じないな

ペールエールってことで、もう少し香りがあるのかな?なんて期待してたけど、正直言ってそこまで。

薫ってくる度合は発泡酒と大差なし。

若干ながらフルーティーで爽やかな香りを感じる程度。

ってことで飲んでみる。

ぬま

おぉ!優しい苦みと爽やかな香りが丁度良いバランスだぞ!

香りの印象とは裏腹にしっかりとした味わい。

口に含めた途端に舌を刺激する優しくて心地の良い苦み。

そして後から鼻を抜けていくフルーティーな香り。

全体的にそこまで刺激が強い感じではなく、あくまでも双方のバランスを保ちながら、足並みそろえて…って感じ。

琥珀色の落ち着いた色合いも相まって、ゆっくりと時の流れを感じながら愉しみたくなる一杯。