今回は『隅田川ブルーイング-ゴールデンエール-』をご紹介。

TOKYO隅田川ブルーイングは、あのアサヒビールが1995年に設立させたクラフトビール製造会社。

小規模な醸造所を隅田川に構え、アサヒグループの直営飲食店で販売→徐々に拡大させていった歴史があるブルワリー。

今回の「ゴールデンエール」は20年以上にわたってクラフトビールを造り続けてきた技術等々を駆使して

「華やかなコク」と「華やかな後味」

この両方が楽しめるスペシャルビールを開発したんだとか。

ぬま

TOKYO隅田川ブルーイングが開発、アサヒビールが製造って流れらしいぞ

実は初めて頂くTOKYO隅田川ブルーイングのビール。果たしてどんなものなのか…。

早速グラスへ注いでいく。

ゴールデンにふさわしい綺麗な黄金色。濁りもなし。

泡は目が若干粗目。泡立ちは良好だけど1分ほどで消えていく。

そのまま香りを確認。

ぬま

おぉ!?華やかな香りと……あと、ラガーみたいな苦み?も香ってくるぞ……

エールビールっぽい華やかな香りが優しくふわ~っと鼻に届く。

「はぁ~いい香り…」なんて思ってると、キリ!っとした苦みっぽい香りもほんのり感じる。

ほほう、なるほど。こりゃー只者じゃなさそうだな。

いざ、心して飲んでみると…

ぬま

うおぉ!すっごいフルーティーな味わい!

口に含めた瞬間からホップの香りが口のなかで広がる、っていうか暴れる感じ。

フルーティーな味わいがぶわ~っと広がっていくのがわかる。

香りで感じてた苦みもほとんどないし、後味はサラッと軽い感じ。

この苦み控えめ&爽快な後味がフレッシュで飲みやすさを演出してる。

金色のデザイン的に「ちょいラガーっぽいのかな?」なんて思ってただけに、想像以上のフルーティーっぷりにビックリ。

期間限定販売ってことで、発見した際には是非とも購入してほしい一杯。