今回は『そよ風のケルシュ-銀河高原ビール-』をご紹介。

銀河高原ビールから、今年6月5日に新しく発売した一杯。

「ケルシュ」はドイツ・ケルン地方で伝統的に造られているスタイル(種類)。

エールビールの華やかな香りがありつつも、ラガービールの持つスッキリとした味わいが特長。

アルコール度数は5%。お値段は288円(税込み)

無濾過で造られてるってことで、飲み口もまろやかかな?なんて想像しちゃう。

早速グラスへ注いてみると…

写真だと濃い目の色合いだけど、実際は淡い黄金色。

濁りも若干ありグラスの向こう側がボヤけるほど。

泡の目は粗めで注ぐそばから消えていく。持続性はほとんどなし。

ってことで香りを確認。

ぬま

お!?ほんのりとフルーティーな香りがする…かな?

香り自体は控えめで主張してこず。

ほんのりとフルーティーな香りが鼻に届く…かな…程度。

全体的にメッチャ落ち着いた香りで刺激もほとんど無し。

そのまま飲んでみると…

ぬま

あ!エール系の華やかな香りがするけど、ラガー特有の苦みも感じる!

香ってた以上に華やかな香りが口のなかで広がる。

しかも、+αでラガーみたいな苦みも後味で残ってくる。

この感覚…

グランドキリン・ジャパンペールラガーに似た感覚。

ぬま

GRAND KIRINの方が華やかさ&苦みがしっかり両立してた感はあったがな!

『そよ風のケルシュ』はそれよりも全体的に落ち着いた味わいになってる。

でも、スッキリ飲みやすい感じが『そよ風のケルシュ』にはあるから通年飲めるかな?そんな印象。

期間限定ってことで、気になってる人は逃さず飲んでみてほしい。

コンビニだとよく見かけるからな!銀河高原ビールの「華やか&苦み」を是非試してみてくれ!