今回は『サタン・レッド』をご紹介。

以前紹介した「サタン・ゴールド」と同シリーズ。

もともとは人気爆発した『サタン・レッド』が最初で、ゴールドは後から造られたもの。

ぬま

今回は元祖サタンを頂くってわけよ!

造っているのはベルギーのデ・ブロック醸造所。

もともとは自家醸造だったけど、あまりの人気に販売されるまでに至った逸品。

そして至るところにサタン(悪魔)が。

アルコール度数は8%。

お値段は税込み448円(ゴールドは480円)。

ってことでグラスへ注いでいく。

赤みがかったブラウン。濁りもほんのりとあってグラスの向こう側はボヤけるほど。

泡は目が粗いものの濃密。そしてモコモコグングンと泡立っていく。

この感じ…

デュベル(Duvel)に似てる。

そして、しっかりとグラスにへばりつく感じがGOOD!

数分は持続してくれておりまする。

そんでもって香りを確認。

ぬま

んん何だろ!?熟成感ある干しブドウみたいな香りもするし……香ばしい香りも若干するぞ

ベルギーの修道院ビールに見られる熟成された干しブドウの香りを感じる。

さらに研ぎ澄ませて堪能すると、麦芽?なのか香ばしさも漂ってくる。

ただ、全体的には落ち着いた香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

スッゲェ濃い味わい…。悪魔的だわ……。

前述の干しブドウが濃厚&芳醇な酸味が口のなか全体へ広がっていく。

そして何よりも味が濃厚!めっちゃ濃厚なのよ!!

一口飲んだら、そのままずーーっと余韻を楽しめちゃう。

この余韻を楽しんでいると…

ぬま

おぉ!?最後に甘みも感じるぞ

最後に訪れる甘み。

このお陰で干しブドウの酸味一点攻めになってない、かつ良いアクセント&締めになっててGOOD!

なんとも素晴らしい一杯。

さすが悪魔と名付けるだけのことはある。

サタン・ゴールドよりも大人な味わい。是非みんなも味わってくれ。