今回ご紹介するのは、ザ・モルツの冬version。

その名も『サントリー ザ・モルツ ウィンタードラフト』

シルバーにキラキラと光るデザインが氷の結晶のよう。見た目から冬を感じさせる。

このビールの特徴は、超メジャーな「カスケードホップ」っていう柑橘系の香りが特徴の原料を使っていること。

これによって爽やかで香り楽しめるビールになっている。

早速グラスに注いでいく。

黄金色で泡は粗め。1分ほどで無くなる。

ウィンタードラフトでも使用している前述のカスケードホップ。

フルーティーな香りが特徴だけど、普段飲む大手のビールには無いフルーティーかつ、ほんのり甘い香りがウィンタードラフトには感じられる。

グラスから離れていても感じるほど爽快な香り。

飲んでみると、香っていたフルーティーさが口のなかでスーーっと広がっていく。

苦みは抑えられていてほとんど感じない。

スーッと広がる柑橘系の香りの後に、ほんのりした甘さが口のなかでゆっくり消えていく。

苦みがほとんどないから全体的に優しく飲みやすい造りになっていると思う。

まるでエールビールのような華やかな香りが楽しめるウィンタードラフト。

いつもの晩酌とは違う味わいを楽しみたいときに良いかも。

※現在製造中止らしいぞ。欲しい人は無くなる前に買っておくんだな。