今回は『レオビール』をご紹介。

タイで造られるビール。

タイと言えば…

シンハービールが有名だけど、そのシンハーを造ってる会社が『レオビール』も販売してるわけよ。

そんなわけでタイ国内でもシェア率はかなり高め。

ぬま

ってか東南アジアのビールって動物のラベルが多くね!?

シンハーは獅子。レオビールは豹。

アルコール度数は5%。

お値段は213円(税込み)とお手頃価格。現地だともっと安価で購入できる。

ってことでグラスに注いでいく。

東南アジアのビールにしては濃い色合いかな?

でも普通のラガーにしては若干淡い黄金色。当然ながら濁りは無し。

泡は目が粗くてシュワシュワと立っていく。ここらへんはライトラガーらしい泡立ち。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!ラガー特有の苦い香りがしっかりと感じられるぞ!

来ました!「僕たちが普段飲み慣れてるビール」と似た香り。

この香りはタイでも同じだったか。

なぜか少し安心したところで飲んでみると…

ぬま

飲みやすいけど、ちゃんど苦みもあって素晴らしいやん……

こりゃーなかなかのクオリティ。

東南アジア系らしいサラサラとした飲み口で、素晴らしいドリンカビリティを発揮している。

にも関わらず、ラガー本来の苦みもしっかりと感じられる。

この苦みがレオビールに確かな飲み応えを与えている。

ぬま

飲み応えはあるけどサラサラ飲めちゃう不思議な感じなのよ!

さすが国内でシンハービールと争うだけのことはある。

是非とも脂っこい料理や味の濃い料理と合わせて飲んでみてほしい。