今回は『京都麦酒 -ペールエール-』をご紹介。

少し前に紹介した…

京都麦酒 -ブラウンエール-と同シリーズ。

清酒で有名な「黄桜」が、清酒の製造技術を生かして醸造しているんだとか。

ぬま

黄桜って「京都麦酒」以外にもシリーズがあったよな

ラッキードッグラッキーキャットっていう可愛らしいビールも黄桜から。
 
今回の京都麦酒は「伏水」っていう地元の名水を使った一杯。

水が良いとビールの味わいもかなりクリアで飲みやすいもんだから期待が高まる。

アルコール度数は5%。
 
350mlでお値段298円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

オレンジ色っぽい見た目で、濃厚そうなビジュアル。

濁りもあってグラスの向こう側は全く見えないほど。

これだけ濃厚&濁りのあるペールエールも珍しいほど。まるでIPAのよう。

泡は目が粗いものの濃度が高いのか、グラスにへばりつくように残っている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!すんごい華やかな香りやで!

グラスに鼻を近づけると、フワッと広がる柑橘系のフルーティーな香り。

香りが楽しめるペールエールでも、これだけ香り広がるのは滅多にない。

これだけ香りの主張が激しいなら、冷やし過ぎて香りをぼやかさないように注意したいところ。皆もコレを飲むときは注意しよう。

ってことでそのまま飲んでみると…

ぬま

まるでIPAみたいな苦み&フルーティーな香りだな!

口に含めた途端にシュっと突き刺すような苦みが。

更には爽やかでフルーティーな香りが鼻を抜けていく。

この感覚、まるでIPAのよう。

さすがに、バリッバリのIPAと比較すると刺激は弱めだけど、味わい的にはソレと同じ印象。

前述の通り、あまり冷やし過ぎるとIPAらしい刺激が鈍るから、10~15℃くらいで飲むことを勧める。

新しいタイプのエールビールを欲している人は是非とも飲んでみてくれ。