前回は「LUCKY CAT」の紹介だったけど、今回は画像の左。

『LUCKY DOG』を飲んでみマッシュ!

清酒で有名な「黄桜」で造られた、水選びからこだわってる一杯。

「幸せ者、果報者」って意味らしいけど、飲んで「幸せ~」って気分になってほしいって意味かな?

缶(350ml)と瓶(330ml)の2タイプで販売されてる。

そして、LUCKY DOGの特徴として挙げられるのが「カスケード」って言われる超有名ホップを使用してることなんだ。

これはアメリカンペールエールとかIPAでも使ってるメジャーなホップで爽やかな柑橘系の香りがするのが特徴。苦味も少ないから、アロマホップとして使われることも多い。

生産地 日本(京都)
原材料 大麦麦芽、ホップ(カスケード)、米
アルコール度数 5%
内容量 350ml
値段 297円
購入した場所 ベルク(スーパー)

 

「大麦麦芽の香ばしい味わいとカスケードホップの柑橘風味がゆったり気分を満たしてくれます」とのこと。

こっちの猫の方はゆず&山椒の味わいが特徴的だったけど、犬の方は果たしてどんなものか?

琥珀色のビールがグラスを輝かせてる。しっかりとした色合いだし、泡も綺麗な赤茶色。

ペールエールスタイルだけど香りは控えめ。ただ、前述のカスケードホップを使ってるってことで爽やかな柑橘系の香りはする。

口に含めると、柑橘系の苦味がフワッと口の中で広がっていく。ペールエールだけど苦味自体は控えめで飲みやすい造り。

苦味を抑え、かつ柑橘系(ゆず系)の味わいがあるから、リラックスして本でも読みながら飲むとGOOD。

ぬま

温度はぬるめの方が柔らかな柑橘の味わいを楽しめて吉だぞ。冷蔵庫から取り出したばっかで飲んじゃうと、せっかくの醍醐味である柚子の味わいが鈍るからな! 

こちらも香りを楽しんでほしいタイプだから、口の広いコップで飲むことを勧める。