このビールには衝撃を受けた。

FarYeastBrewingが「和食に合うビールを!」ってことで造られた馨和-KAGUA-シリーズ。そのなかでも高アルコール&フルボディの「Rouge」を紹介していく。

ビールって日本酒・ワインみたいに「この料理に合うように造りました!」みたいなことはしないんだ。

でも、このKAGUAシリーズでは「和食」に照準を合わせ、山椒やゆずを使った構成になっている。

 

生産地 ベルギー
原材料 大麦麦芽、ホップ、ハーブ、ビール酵母、ゆず、山椒、ビール酵母
アルコール度数 9%
内容量 330ml
値段 750円
購入した場所 千葉ペリエ

「馨和-KAGUA-」のシンプルかつお洒落なデザイン。

そしてマフラー?もモダンを演出。

お値段も結構したし、「和食に合う」なんて謳うもんだから我慢ができずマッハでグラスへ注いでみると…

少し赤みがかかった銅色。かなり濃い。泡もクリーミーできめ細やか。

そして何よりもビックリしたのが、山椒のスパイシーな香り。めっちゃハッキリと感じる。

山椒を使ったビールは色々あるけど、ここまでちゃんとに香るビールはカグヤだけじゃないかってほど。

ぬま

すみません我慢できないんで早速飲んじゃいます

めちゃくそ旨い(語彙力)。

スパイシーな山椒の確かな香りが始めに顔を出しつつ、柚子の爽やかな香りと麦芽の苦みが後から顔を覗かせる。

その間も山椒の適度な主張は変わらず、終わりにスッと去っていくのを感じる。

苦み・香り・甘みがかなり複雑に混ざり合ってて「これビールなの?」って思えるくらい深い味わい。

ぬま

クラフトビール好きでも驚くほど尖ったビールだぞ!

和食に合う設計ってコンセプトらしいけど、ここまで合わせられることにビックリ。

 

お茶漬けとかおにぎりにピッタリな設計。とにかくこの山椒が米料理と相性抜群。

9%の高アルコール&山椒のスパイシーな味わいが他のビールとは一線を画するほど個性的でハイレベルな造り。

店頭だとあんまり置いてないらしいからな。見かけたらおにぎりとセットで購入してくれ。