今回は『黄桜 京都麦酒 -ブラウンエール-』をご紹介。

香ばしいさとホップの苦みが絶妙なブラウンエール。

「京都麦酒」は1995年に誕生した京都で最初の地ビールで、もともとは清酒を造っていたメーカーなんだとか。

持ち前の清酒製造技術を生かし、かつ名水である「伏水」を使ってクオリティの高いビールを製造・販売。

ラベルにはひっそりと如意ケ嶽が…。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段298円(税込み)。 

ってことで早速グラスへ注いでいく。

ブラウンエールの名前の通り、濃い赤銅色。見るからに濃厚そうなビジュアル。

これだけ濃厚な色合いだから当然グラスの向こう側は見えず。

泡は濃密でグラスにへばりつく感じで何分も持続してる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ…めっちゃ香ばしいやん…

麦芽を炒ったような香ばしい香りがほんわりと漂う。

キャラメルを焦がしたような香りも鼻に届き、全体的に落ち着いた造りになってる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

濃厚なのに…サッパリしてる…

口に含めるとキャラメルのような濃厚な甘みが広がっていく。

炒った麦芽の芳ばしい香りも感じつつ、濃厚な味わいが素晴らしいんだけど

ぬま

なんでかな?とにかくサッパリしてて飲みやすい

後味スッキリでかなり飲みやすい造りになってる。

香り良し。コクもある。でもサッパリしてて飲みやすい。そんな不思議な味わいが楽しめる『京都麦酒 -ブラウンエール-』。是非とも味わってみてくれ。