今回は『和かすみ -ホワイトエール-』をご紹介。

ほのかな柚子の香りが楽しめるホワイトエール。

京都の名水である「伏水」を使った一杯。

同時に買った「和あかね」っていうペールエールもあり、同シリーズのよう。

大麦麦芽に小麦を加え、京都伏見の水でつくりました。

小麦本来のおいしさとほのかな柚子の風味をそのまま生かした、すっきりとした味わい。

グラスに注げば目の前にかすみたなびく「和かすみ ホワイトエール」です。

とのこと。小麦麦芽に柚子の香り。まさしく王道のホワイトエールといった所か。

満月に添えられた稲穂。そして白と金と黒のシンプルなデザイン。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段278円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ホワイトビールらしい濁りのある淡い黄金色。

しっかりとした濁りはグラスの向こう側をぼやかすほど。

泡の目は粗め。高い位置からグラスに注いだものの、そこまで持続せず。

そんでもって香りを確認。

ぬま

柚子のさっぱりした香りが上品に漂うな~

ほのかに香る柚子の香り。

その奥にはコリアンダーシード(香辛料)のピリッとした感覚。

ホワイトビール特有のピリっと感に柚子の上品な香りがプラスされてて素晴らしいこと。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ……意外ともったり感が強いな…

苦みは少なめ。

ただ、ホワイトビールらしからぬ、口にまとわりつく感じのもったり感。

更にはコリアンダーシードやオレンジピールの香辛料の刺激もある。

前述のもったりした感覚もあってか、柚子の爽やかさがちょい半減してるかな?って印象。

味も少し薄い印象もあり、ちょい微妙かな?って感じ。

柚子の主張を強めるなり、もったり感を活かすなりの、もう一工夫が欲しいと感じる一杯。