今回は『金麦 -濃いめのひととき-』をご紹介。

 

サントリーから11月20日に数量限定で販売となった商品。

新ジャンルのビールのなかでも個人的に1番好きな金麦。そのなかでも「麦のうまみ」にこだわったアルコール度数6%の一杯。

旨味麦芽を通所の1.3倍も使用し、更にはミュンヘナー麦芽も加え、「深いコクとまろやかな余韻」を実現。

深緑のお洒落なデザインも相まって、落ち着いたビジュアルに。

アルコール度数は6%。

350mlでお値段135円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

普通の金麦と比べると、若干濃いかな?って感じの黄金色。

濃い目の色合いが、ラベルの深緑とマッチしててGOOD!

泡は目が粗め。かなり高い所から落としたけど、泡立ちはそこまでって感じ。

ここら辺は普通の新ジャンルと変わらず…といった印象。

そんでもって香りを確認。

ぬま

うーん…。若っっ干ながらリキュールの香りがするな

アルコール度数6%ってことで、若干ながらリキュールの香りが感じられる。

それ以外には特に薫ってくるものは無いかな?

ここら辺も他の新ジャンルと特段の違いは見られず。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ!味が濃いけどリキュールをあまり感じないのがポイント高いな!

ゴクゴクと飲んでいくと、麦芽と糖類の味わいが結構な主張でやってくる。

「おぉ味が濃いなぁ~」なんて感じで、思わずゴクゴク飲み進められるんだけど、リキュール感があまりなかったのが個人的に高ポイントなところ。

昨今の高アルコールビールにありがちな、ビールらしさそっちのけどリキュールの味しか感じないようなものとは明らかに違う造り。

イメージ的には(リンク)本麒麟に似てるかな?

ビールっぽい味があるし、濃厚なんだけどリキュール感は少な目。

ラベルも個人的に好きだし、リキュールに頼らない造りもまたGOOD!

限定醸造とはいわず、通年販売を強く願う一杯。