ビールにお金はかけたくない。でも美味しいビールが飲みたい。

今の日本人はなんて贅沢なんでしょう。

ぬま

そんなアンタ達に朗報!キリンが皆の要望に応えるビールをつくってくれたぞ!

 

その名も『本麒麟(ほんきりん)』

市場調査の結果「低価格ながら高品質なビール」を求めてるらしく、『じゃあやったるわ!』的な意気込みで造るに至ったとか至ってないとか(適当)

ぬま

ほ~ん。どれどれ実力を見てやろうではないか(上から目線)

ってことで早速グラスへ注いでいく。

 

色合いは少し濃い目の黄金色。

泡の目は粗くてシュワシュワと音を立てながら消えていく。

よりビールに近い感覚ってことで、まずは香りを確認。

ぬま

うーん…。ちょっとアルコール臭みたいな感じがあるぞ…

今流行りのハイアルコール物に見られるアルコール臭が若干ながら感じられた。

ただ、キリン側も「ビールに近いものを!」ってことで造ってるから厳しくチェックしてるけど、通常なら気にならないレベル。

肝心の味が気になりすぎるので飲んでみると…

ぬま

お!普通の発泡酒とは全然違うレベルだぞ!

ビールらしい麦の味わいはそこまで感じられなかったけど、発泡酒のソレとは明らかに違い、しっかりと味がある。

この点については、さすが「ビールに近いものを!」ってコンセプトで造っただけある。

ただ、アルコール度数6%が影響しているのか、後から蒸留酒っぽい味が出てくる。

これのせいで一気に発泡酒&新ジャンル感が出ちゃうのが唯一のマイナスポイント。

ただ、逆を言えばビールに近い味わいかつ、飲み応えある一杯。

アルコール度数も6%だから、今のニーズにもマッチしているビールだと思う。

見た目もビールのようなデザイン。

『ビールほどの値段は出せないけど、美味しいものが飲みたい』

そんなときに本麒麟を手に取ってほしい。