今回紹介するのは『軽井沢ビール・ヴァイス』。

「ヴァイス」っていうのは白ビールの「白」という意味。

小麦麦芽を使用したのど越し爽やかな造りとなっている白ビール。

軽井沢ビールは浅間山で流れる名水を使用してるらしい。

名水でしっかり仕込むビールって、飲み口がライトで変な苦みがないメチャクチャ飲みやすいものが多いだけに、今回の一杯も期待が膨らむ。

ってことで早速グラスへ注いでみる。

 

ホワイトビールにしては濁りの少ない淡い黄金色。

白ビールだからか泡立ちが凄い。高いところから落とすとブワっと一気に高さを積み上げていく。

細かい泡だが時間とともにさーっと消えていく。

そんでもって香りを確認。

小麦麦芽を使ってるってことで桃やバナナのような香りがする。

ただ、一般的なホワイトビールって

◆オレンジピール
◆コリアンダー

っていう香辛料の影響で刺激臭みたいなのがするんだけど、これに関しては全く感じない。

するのは前述のフルーツのみ。ホワイトビールのなかでも優しい香りになっている。

 

飲んでみると非常にまろやかで優しい飲み口。サラサラと優しく喉を通っていくのがわかる。

この優しい口当たりは名水でじっくり仕込んでいるビール特有のもの。

また、味わいも桃やバナナの甘い味わいが感じられる。

「香辛料使ってないんじゃない?」って言ってたけど、飲んでみてもやっぱり香辛料特有の刺激は感じられない。

苦みも非常に抑えられてて、かつ優しい刺激のない味わい。

これはビール初心者でも抵抗なく試すことのできる一杯だと思う。

色んなスーパーでも見かけるから、ビールの苦みが苦手な人のデビュー1杯目としても推せる。

優しい味わいで言うなら白濁りと同程度。

名水でじっくり仕込んだ軽井沢ビール・ヴァイス。ぜひ皆も飲んでみてほしい。