今回は『軽井沢ビール-クリア-』をご紹介。

20年以上の歴史がある軽井沢ブルワリーが「おいしさを求めて」をテーマに造り続けているシリーズ。

以前の記事でも…

軽井沢ビール-ヴァイス-を紹介。口当たりの優しいホワイトビールで軽井沢ビールのレベルの高さを感じた。

水はビールにとって命。軽井沢ビールでは浅間山の冷涼な伏流水を使用。

原料を見るとコーン(とうもろこしを粉砕したもの)やスターチ(トウモロコシなどから由来するでんぷん)が使用されている。

この原料が味わいにどんな華を添えているのか…。

ってことでグラスへ注いでいく。

濁りの少ない綺麗な黄金色。若干黄色がかっているのが特徴。

泡立ちが良く、目は粗いもののモコモコと膨らんでいく泡がビールの美味しさを演出してる。

香りを確認すると…

ぬま

なんだろコレ?トウモロコシのような甘い香りのなかにスッと鼻を通る酸味を感じる

名前がクリアだからもうちょっとライトな香りを想像してたんだけど何ですかこの酸味は!?

えっちょっ…コレなに!?

ってなりながら口に含んでみると…

ぬま

良かったぁー優しい味わいで。ってかメッチャ優しい!!

水が良いからなのか口当たりがスゲー柔らか。飲み口もライトだから飲みやすいこと飲みやすいこと。

でも、ただ単にドリンカビリティが高いだけじゃない。

麦芽の甘みが濃厚で、口のなかでじっくりと広がっていく感覚がわかる。

更には香りで感じてた酸味。飲んでみると後味でほんのりと干しブドウのような味わいがあった。

クリアって名前の通り口当たりの軽やかさは保ちつつ、濃厚な甘み&アクセントとなる酸味。

素晴らしいの一言。水が良いとビールって大抵美味しいけど、軽井沢ビールも例外じゃない。

スーパーだとぼちぼち見かけるから、発見した際には是非とも手に取ってほしい。