今回は『ヒューガルデン・ロゼ』をご紹介。

世界的にもメッチャ有名な「ヒューガルデン・ホワイト」にフランボワーズの果汁を加えて造られたフルーツビール。

ぬま

ヒューガルデン・ホワイトのレビュー記事もリンク貼っておくで

(リンク)ヒューガルデン・ホワイト

今回はヒューガルデンをジュース感覚で楽しめる一杯。

他にも、リンゴ、ベリー、イチゴも使用。アルコール度数も低めってことで女性にも人気らしいで。

今はアサヒビールが販売してるらしく、ロゼに関しては2016年1月19日から全国販売されている。

ぬま

バレンタイン&ホワイトデーにも良さそうだな

アルコール度数は3%。

250mlでお値段281円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ルビー色の綺麗な見た目。ビールっていうよりカクテルのようなビジュアル。

そして、フルーツビールとは思えないほどの泡立ち。

モコモコと盛り上がっていき、グラスでしっかりと持続する泡に意外性を感じる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

ラズベリーの香りが漂うぅ~

ラズベリーのような香りが漂ってくる。

しかも少し酸味も効いてて、鼻を心地よく刺激する感じ。

これは味も期待できそう。

ってことで飲んでみる。

ぬま

あ…思ってたフルーツビールと違うぞ

「カクテルっぽい味で少し酸味が効いてるのかな?」なんて思ってたけど全然違う。

原料になっているリンゴやいちごの甘い果実の味わいがベースになっている。

フルーツビールって言うより「フルーツジュース」に近い感覚。

この甘い果実の味わいのなかに、ラズベリーの酸味がピリッと刺激してくる。

酸味も控えめで思ってた以上に飲みやすい。

ぬま

こりゃー甘いお酒が好きな人にピッタリだな

他のフルーツビールも飲みやすいんだけど、この『ヒューガルデン・ロゼ』は、その中でも群を抜くほどの飲みやすさ。

甘いお酒が好きな人、そしてビールの苦みを敬遠する人に是非飲んでほしい一杯。