今回は『網走ビール -ゴールデンエール-』をご紹介。

北海道の網走で造られるクラフトビール。

実はこの網走ビールなんだけど…

以前紹介した(リンク)流水DRAFTと同じブルワリーっぽい。

ぬま

このブルーのビールは正直言って…。なかなかヘンテコな味だったぞ

ビジュアルは目を引くものがあるけど、2回目はもう結構かな……。なんて印象。

ただ、今回は真面目に造った(青いビールも真面目だろうけど)一杯。

『シンプルかつ個性的。淡く美しい黄金色』

北海道網走産麦芽を使用。麦本来の甘みとコク、ホップの魅力的な香りと柑橘系の果皮のような爽やかな苦み。

スッキリとした口当たりは、シンプルだけどクセになる。

とのこと。

ぬま

なるほどエール系で爽やかな香りが楽しめるんだな

発売は今年2018年の4月13日と、割と新しめ。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段355円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ゴールデンエールって名前とは裏腹に、ブラウン?っぽいビジュアル。

濁りも結構あり、グラスの向こう側はボヤけててほとんど見えないほど。

けど泡は濃密。グラスでしっかりと層を保ってて、数分はバッチリ残っている&グラスにへばり付いている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

くぅ~~。突き抜けるような香りがたまらんなぁ~~

エールビールのなかでも、柑橘系の強い香り。鼻を近づけると突き抜けるような感覚が。

どちらかと言うとIPAのような強さ。

爽やかだけど鼻の奥底まで一気に抜けていくキレの良さがある。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ……。こりゃたまらん刺激だわ……

口に含めると、ホップの華やかで突き抜けるような香りがブワッ!

その後も、苦みがじんわりと余韻で残っている。

この感覚、IPAとメッチャ似てる。IPA好きにはウェルカムな味わい。

けど、単に苦い&フルーティーなだけじゃなく、ビール本来の甘みとかコクも感じられる造り。

サラサラとイケる飲みやすさもあって、原材料の魅力をダイレクトに味わえる。

ぬま

こりゃ前回の網走ビールとは段違いだわな

半分ネタっぽかった「流水DRAFT」とは違い、原材料の味わいをフルに楽しめる本格派のゴールデンエール。