今回は『那須高原ビール -イングリッシュエール-』をご紹介。

息子の誕生日で向かった栃木県にある那須で購入した一杯。

造っているのは、1994年創業の那須を代表する地ビール「那須高原ビール」。

醸造所は那須インター近くの森のなかにあるんだとか。

ぬま

那須にも醸造所ってあるんだな。初めて聞いたわ

意外だったけど、現地だと結構名が知れてるっぽくて各地にココのビールが置かれてる様子。

栓はまっさらで刻印も特になし。

調べてみると、「ジャパンビアカップ」「インターナショナルビールサミット」「ワールドビアカップ」等々、いろんな大会で受賞歴がある。

ぬま

ほほう…こりゃ期待が高まるな

その他にも…

ヴァイツェン
スコティッシュエール (アンバーエール)
スタウト

夢 (ラガービール)
その他、季節限定ビール

色々と種類があるっぽい。

今回のイングリッシュエールのアルコール度数は5%。

330mlでお値段615円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

イギリスのペールエールみたいな濃厚そうな色合い。

見た感じは琥珀色?のようなビジュアル。濁りはほんの少しあるかな?って程度。

泡が目が細やかで濃密。数分はしっかりとグラスで泡の層を保っている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

麦芽を燻ったような渋い香りがする…

麦芽を焙煎したかのようなスモーキーな香りが漂ってくる。

甘みが控えめで、渋い香りが広がる何ともいぶし銀なお香り。

ただやはり、同じシリーズの『那須高原ビール -愛-』と同様、濃厚そうな香りがプンプンする。

『愛』がメッチャ美味しかったから期待を胸に飲んでみると…

ぬま

おぉ…THEいぶし銀な味わいやん……とにかく渋い…

もう少し甘いかな?なんて予想を軽くはねのける、ぶっちぎりの渋さ。

口に含めると、麦芽を燻ったような渋い味わいが広がっていく。

イングリッシュエールってこんな味だったっけ?そう疑うほどの渋さ。

もし俺が命名するならば「侍エール」と呼ぼう!!女々しさを一切排除した轟轟しい味わい。

ビールを飲み慣れてない人は、この味わいに驚くかも知れないけど、クラフトビール好きには新たな出会いをもたらしてくれる一杯。

那須に足を運んだ際には是非とも飲んでみてくれ!