今回は『トンゲルロープリオル』をご紹介。

ベルギーの「ハーヒト醸造所」ってどちゃくそに大きい醸造所で造ってるビール。

その規模は、あのビール大国ベルギーでも3番目の大きさなんだとか。

「トンゲルロー」ってのはレシピを提供している「トンゲルロー修道院」から。

「プリオル」は「修道院長」って意味。トンゲルロービールのなかでも最高峰を意味するんだとか。

それもそのハズ。

ワールドビアアワードのカテゴリ賞を始め、色んなコンテストでの受賞歴があるし、更には料理人やソムリエからも高評価を集めてのよ。

ぬま

メッチャ期待できるやん……

アルコール度数は9%。内容量は330ml。

お値段は410円と修道院レシピのビールにしてはお手軽な方かな?

ってことでグラスへ注いでいく。

透き通ってて綺麗な黄金色。

グラスへ注いでいくと、見た目からわかる濃厚そうな泡がブワ~っと盛り上がっていく。

目は粗いんだけど、持ちが良い泡がグラスにしっかりへばりついてる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!?スパイシーだけど、どこかハーブっぽい香りもするぞ…

スパイシーなんだけど落ち着いた香りがフワ~っと香ってくる。

そして後からハーブっぽさも感じられる。

全体的に落ち着いて大人しい香りなんだけど、熟成感漂うスパイス香がラグジュアリーを演出してくれる。

うん。香りからして高級感漂ってて絶対に美味しいビールってわかる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

うっうぉ!熟成感たっぷりの干しブドウがスパイシー!

メチャうま!やはりメチャうまビールだった。

落ち着いた香りとは対照的に、口に含めると熟々な干しブドウがブワッと口いっぱいに広がる。

この熟成感が何ともスパイシーで素晴らしい。思わず「うっうぉ!」って言っちゃうほど。

更には最後の方にフルーティーな香りが鼻から抜けていくのも素晴らしい。

このビールは一体どんだけの引き出しを持ってるのか。

とにかく(干しブドウの)酸味&スパイシーが最&高。

大人な味だし、ビール初心者はビックリする味わいかも知れん。

けど、修道院ビールが好きな人とかには絶対絶対絶対にオススメできる一品。