サントリーから出される個性的な味わいを提案するビール。TOKYO CRAFTシリーズ。

そのでも最もメジャーなスタイルであるペールエールを紹介。

その名も『TOKYO CRAFT ペールエール』

「クラフトビールファンのみならず、クラフトビールにまだ手を伸ばしていない層にも」ってことで日本人の味覚に合わせて造られたシリーズ。

「伝統と革新が融合し進化し続ける東京でビール造りに挑戦し続けたい」って思いもあり発売に至る。

東京の街並みをイメージしたシルエットがデザインされてる。

原料としてカスケードホップを使用。これはアメリカビールでは絶対に外せないほど超有名なホップ。フルーティーな香りが特徴。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

 

 

ペールエールらしく、茶色を少し含んだ黄金色。濁りもほんのりとあってグラスの反対側がボヤけるほど。

泡の目も細かい方で、グラスへ注ぎながら造られた泡がビールの香りをふんわりと包んでくれる。

こんもりと膨らむ泡が美味しそう……。

ってことで香りを確認。

ぬま

パイナップル?パッションフルーツ?とにかくフルーティーな香りがするぅー

カスケードホップを使ってるってことで、柑橘系の香りがふわっと漂ってくる。

でも、そこまで強く主張してこないのが絶妙なバランス。

そのまま飲んでみると…

ぬま

爽やかな香り…。そして尾を引かない上品な苦み…。うまい…

口のなかで優しくふわっと漂うフルーティな香り。そしてしつこくない苦み。

ペールエールにしては優しくて飲みやすい部類に入ると思う。

普段クラフトビール飲まない人は気を付けてほしい。

キンキンに冷やし過ぎると、フルーティー&上質な苦みがぼやけて…

ぬま

ん?何だかよくわからん味だな…

なんてことになりかねない。

クラフトビール未経験者のためにサントリーが奮闘したTOKYO CRAFT。

その魅力を最大限に味わうため、冷蔵庫から出して10分は置いてから飲み始めてほしい。

そうすることでペールエールの香り&味わいが最大限に楽しめる。

普通のビールしか飲まないユーザーも、是非手にっとってみてほしいTOKYO CRAFT。