今回は『アサヒ -食楽-』をご紹介。

琥珀色に輝く濃厚&豊かなコクが素晴らしい秋ビール。

その第3弾をレビューしていくよ!

『食楽』は「食事に負けず調和する」造りになっているとのこと。

◆国産焙煎米による香ばしい薫り
◆喉の奥にピリッとくる心地よい刺激

料理に寄り添いつつ、でも邪魔はしない。食欲の秋ならではのビール。

アルコール度数は6%。

350mlでお値段224円(税込)。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

パッケージ通り、秋の訪れを感じさせる琥珀色。

濁りは一切なくクリアな見た目。

泡は目が粗目で1分ほどで消えてしまう。

そんでもって香りを確認。

ぬま

何かを燻ったような……燻製のような香りがほんのり漂うぞ…

何かを燻製にしたような、程よい焦げが漂ってくる。

パッケージを改めて見ると、「国産焙煎米」を使用していると。

松茸に栗ご飯、サンマ等々、色んな秋料理に合いそうな落ち着いた香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おおぉ!ピリッとした苦みがあるぞ…

口に含めた途端、苦みがピリッと刺激してきた。

ビールの苦み……とはちょっと違うような……。

気になって調べてみると、隠し味にカイエンペッパー(赤く熟したトウガラシの実を乾燥させた香辛料)を使っていると。

この苦みがアクセントになって、焙煎米の燻ったような香り&甘みに奥行きを与えてる。

8月21日に各メーカーが秋ビールを一斉に販売したけど、どれも違う味わいがあったことに驚き。

ぬま

この『食楽』もまた、ピリッとした苦みが他では味わえない一杯だぞ!

秋の味覚が深まるこれからの季節に。是非このビールを片手に。