今回は『燦燦(サンサン)オーガニックビール』をご紹介。

あの人気沸騰中のブルワリー「ヤッホー・ブルーイング」から販売される、国内初の缶入りオーガニックビール。

添加物・保存料を一切使わず、原材料も有機栽培の麦芽&ホップを使用。

ぬま

ヤッホー・ブルーイングの造るビールだからな。自然と期待が高まるわ

日本のクラフトビール界を盛大にプッシュしてくれているヤッホー。

当ブログでもヤッホーシリーズは色々と紹介してるんだけど…

インドの青鬼は個人的に超絶オススメの一杯。

強烈な苦みにビックリする人もいるけど、この刺激がクセになるのよ。

 

今回の『燦燦(サンサン)オーガニックビール』は発泡プロセスを2段階に分け、時間をかけることでビール自身による自然な発泡をさせる製法。

これにより、細やかな泡とまろやかな口当たりが実現するんだとか。

アルコール度数5%。

350mlでお値段248円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

写真だとオレンジがかっているけど、少し淡い黄金色。

濁りもほんのりとあり、グラスの向こう側がぼやける。

泡は細やかで濃密。グラス上でしっかりと存在感を示している。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おおぉ!?なんだこの香りは……

ほんのりと麦のような香りが漂ってくる。

ただ、普段のビールとは少し違い、甘みや苦みは感じず。

穀物感がほんのり薫って鼻に届く。

そのまま飲んでみると

ぬま

おぉ!このビール旨いぞ!

麦芽をダイレクトに感じるのか、少し甘酸っぱい味わい。

この甘酸っぱさが嫌味なく口のなかでスーッと浸透していく。

味が濃厚とか、そんなんじゃないんだけど、落ち着いた麦芽の旨みが体全体に行き渡っていくのがわかる。

ぬま

優しさに包まれる感じだな

オーガニックらしい刺激の少ない優しい味わい。

是非とも1口ずつ飲んで、体中に染み渡る感覚を味わってほしい。