今回は『シエラネバダ トロピカル・トルピード』をご紹介。

昨日に引き続きシエラネバダブリューイングから。

今日もスタイルは同じIPA。でも今回はよりホップのトロピカルな香りが強めの一杯。

「ホップ・トルピード」って設備を使うことで、無駄な苦みを出すことなく、薫りと味わいを最大限に引き出すことに成功しているんだとか。

ぬま

設備がそのまま商品名になってるんだな

とにかく、このカラフルなデザイン&アメリカンIPAって組み合わせに外れなど存在しない。

絶っっっ対に旨い。そう断言できるぜ。

アルコール度数は6.7%。

355mlでお値段571円(税込)。

ってことグラスへ注いでいく。

色合いは濃厚でオレンジ色っぽい感じ。

濁りは一切なく、まるでドイツのビール純粋令で造られたピルスナーのよう。

そして泡は濃厚でグラスにへばりつくような強さもある。

持続も当然ながら良好で、時間が経っても泡の層がしっかりと保たれてた。

そんでもって香りを確認。

ぬま

ピーチとかマンゴーみたいな香りがあるな

そこまで強くはないものの、ピーチやマンゴーといったフルーツの香りが漂ってくる。

フルーティーでトロピカルで、どこか南国のような香り。

IPAだけど、そこまで強烈な感じはなく控えめな印象。

スポンサーリンク

ただ、この手のビールは飲んでみると表情が一変ってこともあるからな。

期待に胸を膨らませながら飲んでみると…

ぬま

ぬぅぅ…。くぅぅ……。強烈……。ホップが強烈だよ……

ほら、やっぱりそうでしたよ。

滑らかな口当たりから、スルッと入った途端に広がるホップの強烈な刺激。

初めはトロピカルでフルーティー感が満載の味わいなんだけど、後から突き上げるような苦みがガンガン響いてくる。

しかも飲み進めていくほどに刺激が強まっていくし、温度が上がるほどに香りも立ってくる。

これぞTHE・IPA!ですな。

やっぱりアメリカのIPAは数段上を行ってる。ホップ中毒者のことをちゃんとにわかってる。

ありがとう。とにかく「美味しい」の一言に尽きる。