今回は『サッポロラガービール』をご紹介。

業務用を中心に「大瓶」「中瓶」のみで販売している商品を缶にして発売した商品。

販売は7月24日から。全国で数量限定にて。

文明開化が進む中、まだまだビールは庶民には高嶺の花でした。

大瓶一本の値段は、現在の価格に換算すると4500円という高級品。当時のラベルには「夏は冷たい水につけて冷やして、冬は適度に温めて、春秋はそのまま飲んでよい」とのビールのに飲み方への解説が記されており。ビールが普及する前であったことがうかがえます。

ラベルの赤い星は「北極星」。日本で最も歴史あるビールブランド。

サッポロラガービール。

ぬま

大瓶一本4500円……ブルジョアかよ……

裏面には1883年のラベルも。

アルコール度数5%。

350mlでお値段203円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

メッチャ綺麗な黄金色。まさに日本のビール界の王道オブ王道をひた走る色合い。

泡は目が粗めで、シュワシュワとグラスに盛り上がるんだけど、1~2分ほどで消えていく。

そんでもって香りを確認。

ぬま

香りは……ほとんどしないかな……

泡で蓋をされていることもあり、香りに関してはほとんどせず。

若っっ干ながらラガービールらしい苦みを感じるものの、頑張ってみないと薫らない。

そのまま飲んでみる。

ぬま

あぁ……。めっちゃクリアで飲みやすい……

ラガービールながら飲み口がクリアで物凄く飲みやすい。

ゴクゴクと喉を通せるドリンカビリティなんだけど、後からキレのある苦みもちゃんと味わえるのもGOOD!

ゴクゴク飲めて、思わず「カァーー!」と言いたくなる苦み。

何度も言うけど、クリアで本当に飲みやすい。雑味が無いのもその要因。

まさに「キンキンに冷やしてゴクゴク飲む」ビールの王道。

ぬま

喉の渇きを潤すのに最適なビールだな