今回は『パトラッシュ』をご紹介。

皆もご存知「フランダースの犬」をモチーフにしたビール。

ベルギーはフランダース地方で1896年に創業した醸造所が造っていたらしく、創立110周年を記念して発売された一杯。

※現在はプルーフ醸造所ってところに生産委託してるらしいで。

コイツが今回のメインキャラクター。このデザインにツッコミを入れたい。とても×1000ツッコミたい。

犬のほうはさておき、男子の方。皆も思っているだろうけど、とにかく言わせてほしい(今は我慢)

それ以外の情報に関しては調べてみるもほとんど発掘できず。

世界的にも有名な作品だろうに、記念発売ってことでビール自体の知名度はそこまでなのかな?

アルコール度数は8%。

330mlでお値段500円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

タンクでたっぷり寝かされた修道院ビールのようなビジュアル。

ダークブラウンで濁りはそこまで無く、見るからに熟成感たっぷりな印象を受ける。

泡は目が粗いんだけど、持続は良くて飲んでいる最中も消えることがない。

そのまま香りを確認してみると…

ぬま

うーん…。香りは控えめだな……

何度かしっかりと薫ってみると、エスプレッソのような香りが静かに漂ってくる。

色合いとは対照的に控えめな主張をする香り。ただ、持続性の良い泡が蓋をしている影響か。

これは飲んでみないとわからない。ってことで飲んでみると…

ぬま

おぉ!酸味の効いたフレッシュな味わいじゃないか!!

さっきまでの落ち着いた香りは何だったのか。

口に含めた途端、フレッシュでサッパリとしたテイスト、そして熟成感たっぷりな酸味が広がっていく。

飲み口はスムーズで柔らかなんだけど、パンチの効いた酸味が良いアクセントに。

アルコール度数も8%ってことで、1口ずつじっくり飲んで酸味&フレッシュな味わいを堪能してほしい。

そして最後に思っていたことを言わせてほしい。

ネロよ……控えめに言って全く似てないぞ。