今回は『ボンセクール・ペールデュー』をご紹介。

ベルギーで造られるスペシャルなビール。

毎月の満月の日にしか醸造しないという、お洒落で少しキザなコンセプト。

スイングトップ瓶がまたキザ感を増しててイヤらしいな。

調べてみても詳しい情報がほとんど載っておらず。

アルコール度数は8%。

330mlでお値段820円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

おぉ…もう少しブラウン系かな?って思ってたけどブロンドっぽいな。

ただ、ビックリしたのが濁りっぷり。濁りがあるとかそんな次元じゃない。

ご覧の通り、酵母?みたいなものが浮いてるんだけど、グラスを揺らしても微動だにしない。

スポンサーリンク

トロミがついてるの?なんて思うほど、この酵母みないなのが動かない。

こりゃ只者じゃないな。こんなトロッとしたビール初めて見た。

泡は目が粗くて持続はそこまで良くない。1~2分くらいで無くなる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!?なんだかリキュールみたいな香りがするぞ!! 

リキュールのキューっとした感覚が若干ながら感じる。

例えるならウィスキーのよう。トロッとした感覚といい果たして本当にビールなのか。

何度もグラスを近づけてみるんだけど、麦芽やホップのビールらしさは上がってこず。

飲んでみないと正体がわからん。ってことで飲んでみると…

ぬま

すげえぇ……。 

本当に美味しいビールと出会うと語彙力が一気に低下する現象。久々に来ました。

こりゃ本当に凄い。1口飲んだだけで色んな味わい・香りが次々と上がってくる。

まず最初は、まろやかな口当たりからイチジクのような果実の甘み。

そこからベルギービール特有の熟成感たっぷりの干しブドウのような酸味。

酸味のあとに来たのはキューっと尻上がりに強まるリキュール感。この尻上がりっぷりが凄い。

ガガガーーッと強まり、思わず目を丸くするほど。

それが収まると、最後にふと再来する干しブドウの酸味。これでフィニッシュ。

いや~、凄いの一言に尽きる。

口に含んでから最後の余韻が消えるまで1分くらいは要するだろうか。

少し含んでじっくり味の流れを楽しむ。そしてまた1口。

ツマミなんぞ不要。この余韻だけで最後まで飲み干せちゃう。

本当に素晴らしい。素晴らしすぎるの一言。

残念ながら貼れるリンクが無かったから頑張って探してほしい。

ちなみに購入したのは世界のビール博物館だからな。ソラマチまで行くかい?