今回は『オリオン 琉球ホワイトエール』をご紹介。

オリオンビールで有名なブルワリーが造る「オリオンクラフトシリーズ」。

そこの第2弾となる「琉球ホワイトエール」を飲んでいく。

実は2016年の1月頃に発売されて以来、細々?断続的?期間限定販売?みたいな感じで売られていた一杯。

ベルジャンスタイル・ホワイトの特徴であるフルーティーさと、コリアンダーのスパイシーな香りを目指し、南国・沖縄気分を引き立てる爽やかな味わいに仕上げました。

とのこと。

沖縄の伊江島産小麦が使われているってことで、地元の原料も投入された一杯。

アルコール度数は5%

お値段hあ350mlで213円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ホワイトビールらしく少し淡い黄金色。ただ、濁りはほとんどなく、ビジュアル的にはライトラガーに似ている。

泡は目が粗くて、注がれた瞬間の泡立ちは良好。

ただ、シュワシュワと音を立てながら瞬く間に消えていく。まさに刹那。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!コリアンダーシードの香り!

これぞまさにホワイトビール!

コリアンダーシード(香辛料)のピリッとした刺激が鼻を突いてくる。

適度に、心地よいと感じる程度に、そこまでの主張をせずに漂ってくる感じが丁度良い。

そのまま飲んでみると…

ぬま

さすがオリオンビール。飲みやすい…

まず初めに思ったのが「メッチャ飲みやすい」ということ。クリアでサラサラとしたドリンカビリティ高い造り。

ただ、飲み進めていくとコリアンダーシード&オレンジピールのスパイシーな刺激もしっかり感じられる。

更には、フルーティーな香りが鼻をスッと抜けていく感覚まで。

飲み進めていくほどにスパイシーな感じが膨れ上がっていく魔性な一面もあり。

ぬま

一気にゴクゴク飲むと香辛料の刺激が口いっぱいに広がるぞ!覚悟して飲めよ!

ホワイトビールの王道を忠実に守りつつ、ドリンカビリティの高さも+された一杯。

値段の割に美味しく頂ける。滅多に発見できないけど、見つけ次第購入を勧める。