今回は『ノースアイランドIPA -North Island IPA-』をご紹介。

アメリカ発のニューイングランドスタイルのIPA。

1996年にアメリカ人兄弟によって造られるようになったんだけど、徐々に規模が拡大。

今ではWorld Beer Cupにおいて「ベスト中規模ブルワリー」に選出されるほどに成長。

無濾過で金色に輝く色合い、クリーミーな泡が織りなす味わいが人気を博したらしく、地元では結構な知名度を誇るんだとか。

ぬま

(IPA大好きなワイ。ドキドキが止まらない)心の声

アルコール度数7,5%。

355mlでお値段559円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

黄金色に濁りのかかった色合い。見た目だけだとヴァイツェンのよう。

改めて見ると、濁りが凄い。グラスの向こう側は全く見えないほど。

IPAにしては珍しい。

泡は濃密で目が細やか。持続も良く数分は泡の存在感を示している。

そんでもって香りを確認。

ぬま

うわっ!めちゃめちゃにフルーティーな香りやん!

思わず目がカッ!っとなるほど。まさに目覚めるような香り。

柑橘系のフルーティーな香りがブワっ!っと広がっていく。

これぞまさにIPA!って感じの香り。ホップ中毒者にはたまらん香り。

ぬま

この香りだけで十分楽しめちゃうわ~

思わず何度も堪能したくなるほどの弾ける香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

濃厚な甘み。そして鼻をフッと抜ける香り。最高や……

派手な香りとは対照的に落ち着いた味わい。

けど、メチャクチャ旨いわけよ!

「これIPAなの!?」って思うほど、濃厚な甘み。思わず舌で転がしたくなるほど。

この甘みを堪能した後、IPAらしいホップの苦みが鼻を抜けていく。

ぬま

IPAにしては苦み控えめなのが新感覚やな

脳天をスコーン!と突き抜けるような激しさは無く、じんわりと広がっていくタイプ。

濃厚な甘み、じんわりと広がり鼻を抜けていく苦み。

今までのIPAとは明らかに異なるニュータイプ。

ぬま

この感じ、クセになるな

新たなるIPAの扉。是非とも開いてくれ。