今回は『コナ・ロングボード アイランドラガー』をご紹介。

ハワイ州のコナ島にある醸造所で造られる「ハワイのビールと言えばコレ!」ってシリーズ。

設立は1994年と、ビール界では若手なんだけど日本でも色んなスーパーで見かける一杯。

当ブログの記念すべき1杯目がコナシリーズ。

コナ・ファイヤーロック

可愛らしいデザインも人気の1つ。

コナが楽しませてくれるのは味わいだけじゃない。栓の裏側にも注目してほしい。

実は裏側に「OHANA」(意:家族)とか「KEIKI」=(意:子供)みたいな感じでハワイ語が書かれているんだとか。

ぬま

えぇ!メッチャお洒落じゃね?

さすがハワイ。やることがいちいちお洒落。

ってなことでワイも栓を開けてハワイ語を確認。

ぬま

h…………。よ、読めない…………

全くもって読めません。ザラザラした材質のせいで文字がボヤける。

ぬま

たぶんアレだよ。「ビーチ」とか「ウミガメ」って書かれてるんじゃね?

 

気を取り直してグラスへ注いでいく。

 

写真だと若干オレンジ色が入ってるけど、実際は濁りの少ない綺麗な黄金色。

泡は粗めですぐに消えていく。

香りを確認すると、ラガービールらしいキレのある苦いものが確認できる。

なんとなくだけど、日本で販売されている大手メーカーのビールと香りが似てる。

飲んでみると

ぬま

お!日本の慣れ親しんだビールに味が似てる!

アサヒスーパードライに似た、甘みを抑えめ&キレのある苦みを感じる。

後味もサッパリしてて尾を引かず、最初に苦みがバシッと訴えてくるだけのシンプルな味わい。

飲み口も軽やかだからゴクゴク飲みやすい造り。

シンプルだから色んな料理に合わせられるし、色んな場面で飲めるビールだと思う。

当ブログは「キンキンに冷やしてゴクゴク飲むだけがビールじゃない!」って思いから始めたんだけど、コナ・ロングボードに関してはしっかり冷やしてゴクゴク&グビグビ飲んでほしい一杯。

ぬま

問題は栓の裏の材質だけだな!あれを何とかしてくれ!