今回は『復刻特製ヱビス』をご紹介。

1890年から発売されていた商品で、当時は「恵比寿ビール」って名前だったそう。

130年近くの歴史があるヱビスも、実は販売を休止してた時期があったんだとか。

それが1943年~1971年。

それでも顧客からの要望に応え1971年に復活。

今回のラベルは、その復活当時のものを採用してるんだとか。

裏面にはヱビスビールのラベル変遷が。

発売当初(1890年)のラベルはこんな感じ。

そして今回の1972年Verはこんな感じ。

ラベルだけでなく製法も当時のものを再現したらしい。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段205円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

綺麗で濃厚そうな味わいがプンプン漂う黄金色。これぞヱビスって感じですな。

特段、普通のヱビスと変わり映えはしないんだけど、ラベルが少し違うだけでスペシャル感がすんごいする←単なるミーハー

泡は目が細やかで、持続もまあまあ。

ただ、正直言って普通のヱビスと変わり映えはしませんな。

そんでもって香りを確認。

ぬま

麦芽の甘い香り。これぞヱビスだよな

ヱビスなんて久しく飲んでなかったけど、コレですよ。

じっくり抽出したんだろうな~って思わせる麦芽の濃厚な甘み。

それが鼻から一気に広がっていく。

スポンサーリンク

ビールの本場ドイツの良質なビールたちにも引けを取らない重厚な香り。

これですよ。昭和47年っていうと生まれてなかったけど、当時の人たちは昔からこんな素敵なビールを堪能できてたんだな。

そのまま飲んでみると…

ぬま

あぁ…濃厚な甘みと適度な苦みのバランスがたまらんよな

これですよ。この味ですよヱビスは。

まろやかな口当たりから、一気に広がる麦芽の濃厚な甘み。

じんわりと広がるこの感覚を堪能していると、シュッとキレのある苦みが訪れる。

そして最後には鼻から抜けていくホップの苦み。

これぞ王道オブ王道のビールですよ。

濃厚な甘み→キレのある苦み→ホップの苦みが鼻から漂う

この一連の流れがシンプルなんだけどすんごい素敵。

色んなビールを飲んでると、ど真ん中というか原点みたいなものを忘れちゃうんだけど、ふと中心点に戻してくれる。

さすが120年以上も愛され続けたビール。